【豆知識】新札と古札の使い分け方は?

場合によって新札・古札の使い分けが必要?

実は、「お祝い事」と「御不幸の時」とでは使い分けが必要です。

お祝いごとの場合

Ex.結婚式や出産祝いなど

新札を使用するのがマナーです

「新鮮な気持ちで」「新しく」「新たな気持ちで」などといった意味があるそうです。

御不幸の場合

Ex.お葬式など

古札を使用するのがマナーです

御不幸などは突然の場合が多いです。

ですので、事前に用意していなかったため新札がないのでとりあえず古札を用意したという「思いやり」の心が込められています。

もし新札しかない場合は折り曲げるなどしましょう。

このルール(特に古札を使う場面)については知らない人も多いそうです。

このようなルールを事前に知っておき、相手に不快な想いをさせないようにしましょう。

その他にもさまざまな豆知識を公開していきますので、ぜひご覧ください。